ちょうふチャリティーウォークの誕生

お知らせ
2007年の冬、
東京都調布市内にある企業でチャリティーを目的とした社内のクリスマスパーティが行われました。
このとき、集まったお金を調布のために使いたいとパーティを主催した南條が
調布市市民活動支援センター(調布市社会福祉協議会運営)の
えんがわファンドという基金(助成プログラム)に寄付しました。
この寄付がすべてのきっかけでした。市民活動支援センターのスタッフが南條に
「調布の市民みんなが参加できるチャリティーイベントを一緒につくりましょう!」ともちかけました。
そこで、調布のまちを歩いて楽しむチャリティーイベントを企画。
これに多くの同僚や市民団体、市民が賛同し、集結したのです。

2008年秋、記念すべき第1回ちょうふチャリティーウォークが開催。
その後毎年、南條が実行委員長として10回開催、
毎回参加費をえんがわファンドに寄付してきました。

11回目の2019年は水田が実行委員長となります。
ちょうふチャリティーウォークは、
たくさんの参加者の皆さん、そして協賛団体の皆さんと共に調布のまちを
より素敵なまちにするために今年も実施します。

 

コメント